赤ちゃんへ最初の贈り物となる命名!失敗しない方法とは

名前は一生共に生きていくもの

生まれてくる赤ちゃんに対して、親として最初の使命は、名前をつけてあげる事です。名前は、誰もが一生共に生きていくものですから、親としては、素敵な意味のある名前を付けてあげたいものですよね。そして、子供にとって、名前は、親の思いと愛情がこもった一生に残る最初の贈り物とされますので、しっかりと吟味して命名してあげる事が大切です。そこで、子供の幸運を願うための命名に際し、後で後悔しない、いくつかの注意点を紹介します。

読み方、難しい漢字、漢字の意味などを考慮して命名

命名にあたり、何処にもない読み方などの名前を付けてあげたくなる場合もありますが、学校や社会に出た時に読み方を説明したり、難しい漢字だと、名前を書く時大変だったりなど、本人が困る事にもなります。また、苗字と並べた時の響きで、本人が好まないあだ名をつけられるような場合もあります。こだわりを持って命名したいと言う気持ちは理解できますが、多くの人が読めない、正確に書きにくい、呼ぶ名はキレイな響きなのに、漢字で書くと意味があまり良い事ではないなど、子供が傷ついたりしますので、そのような事を避けるようにし、漢字の意味もしっかりと把握して命名する事が大切です。

姓名判断を参考にする命名

子供の幸せな未来を願い、姓名判断にこだわり、画数に気をつかいながら命名するのも良いものです。今は、ネットで姓名判断もできるので、それを参考にしながら命名すると納得も出来ます。本格的な姓名判断にこだわる人は、幾つか名前の候補を決めて、姓名判断の占い師に直接鑑定してもらうのも方法です。どんな名前でも、子供にとって親の愛情を感じるものですが、贈られた名前を一生背負っていくのは、子供である本人である事を忘れてはいけません。子供が傷つくような名前にならないように十分注意する事が重要です。

姓名判断とは、名前に使われている文字の画数を使用して行う占いのことです。名前のどの部分の文字を使うかによって、占える運勢が違います。