世界中で人気、おもちゃの定番ドールハウスを楽しもう!

古代エジプト時代からあるドールハウスの歴史

女の子のおもちゃとして昔から定番のドールハウス。ドールハウスにはさまざまな物があり、子供だけではなく大人でも趣味として楽しむ人は多いようですね。ドールハウスの歴史は、なんと紀元前1800年ほど前の古代エジプト時代にさかのぼるそうです。現在のようなドールハウスは、16世紀頃の南ドイツの公爵が娘のために作らせたものが最初といわれており、17、18世紀ごろにはヨーロッパの貴族の間で広まっていきました。その後大衆化していき、ドイツやイギリスオランダ、アメリカなどで普及して行きました。日本では1970年代ごろ入ってきたといわれており、80年代からはおもちゃメーカーからキャラクターのドールハウスが販売されています。

ドールハウスの魅力とは?

ドールハウスにはさまざまなものがあり、精巧に作られたミニチュアから紙製やプラスチック製のものなどいろいろです。また箱型や戸棚型、家型などのタイプがあり、実物大の1/12サイズが標準的な大きさとされています。ドールハウスの魅力は何といっても、小さな空間の中にミニチュアサイズの家具や食器・調理器具が揃えられていて、ハウスの中の空想の世界で物語を作り出せる所にあるといえるでしょう。ドールハウスの愛好家には、丸ごと一軒の家を建てて本格的に楽しむ人や、ミニチュアの家具や食器などを集めてコレクションを楽しむ人など、さまざまな楽しみ方をする方がいます。

ハンドメイドのドールハウス作りはいかが?

日本では、人形を使った本格的なドールハウスはこれまであまり人気がなく普及していませんでしたが、ハンドメイドやクラフトワークの人気の高まりから最近では手作りのドールハウスを楽しむ人が増えてきているようです。ダンボールやボール紙、紙粘土などを使った手作りのものから、必要な材料がすべてセットになったドールハウスキットなども販売され人気を呼んでいます。各地のカルチャーセンターなどでドールハウス教室の講座も開かれていて、ドールハウス作家の作品展なども開催されています。奥が深く、とても魅力的なドールハウスの世界にぜひ一度足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

コレクションしていた大切なフィギュアを手放さなければならなくなった時、捨ててしまうのではなくフィギュアの買取を考えてみて下さい。海外でも人気の日本のアニメは、思っている以上に高く買取してくれます。