音楽の世界は無限で、それを演奏するための楽器も豊富

音楽の楽しみ方は人それぞれ

音楽は言葉を超えたところにあり、悲しいメロディを聞けば涙が出るし、明るく楽しい曲なら元気になります。こうしたことから考えると音楽は、遠く離れた地域で言葉すら通じない国の人々と楽しむことが出来る芸術と言えます。音楽プレーヤーで音楽を聴くことが好きな人もいれば、バンドや楽団に入り、楽器の演奏を楽しむという人もいます。楽器の演奏を趣味に持つ人の中には、自分で作詞や作曲まで手掛けている人も多くいるのです。楽器を使用して作られた音楽は、演奏する人と聴く人を同時に楽しませることが出来るのです。

音楽を演奏するための様々な楽器

地球には世界各地で独自の音楽があります。クラッシック音楽ならヨーロッパ、ジャズやブルースはアメリカ、演歌や民謡は日本独自の音楽です。こうした音楽の発展と共に、楽器というものも同じように発展してきました。教会ではパイプオルガンが使われますが、趣味や芸術のためだけでなく、宗教をはじめとするあらゆる分野で必要とされるのが音楽なのです。楽器にも。バイオリン、チェロ、ギター、ベース、ドラム、ピアノ、シンセサイザーなど数えきれないほどの種類があるのです。

楽器を演奏して音楽を楽しもう

いつの時代でも全世界の人々から愛されてきた音楽ですが、音楽を奏でるための楽器に魅了された人も非常に多くいると言えます。楽器店に足を運べば、人を惹きつける音楽の魅力というものを垣間見ることも出来るでしょう。時代の流行によって生まれる曲があるかと思えば、伝統音楽として形式的な楽曲もあります。そういった音楽を作り出している楽器を演奏することで、音楽の歴史も垣間見つつ、演奏者自身や聴き手に喜びを与えることが出来ると言えるでしょう。

サックスは、トランペットと並ぶ吹奏楽の花形楽器です。主旋律を麗らかに奏でるソプラノ・アルトはもとよりジャズで力強い低音を響かせるテナー・バリトンの存在感は一際で、なによりソロが格好良いものです。